お知らせ

BLOGコラム

  • TOP
  • コラム
ダイエット 2020.05.25

空腹、食欲の対策

空腹、食欲の対策

痩せたいと思ってダイエットをしている方、空腹対策は行っていますか?

体脂肪を落とすにはカロリー収支をマイナスにする必要がありますが、そこで起こってくるのが『空腹との戦い』ですよね。

これをどう乗り切るかはダイエットを成功させる上で重要なことです。


まず満腹や空腹は、食欲中枢によってコントロールされています。
たまに満腹中枢などと聞くことがあるかもしれませんが、それも食欲中枢です。

満腹中枢を刺激=満腹と感じる
摂食中枢を刺激=空腹と感じる

主にこの食欲中枢を刺激するのは3つ
・ブドウ糖(血糖値)
・脂肪酸(脂肪酸濃度)
・レプチン

そもそも空腹になるということは、
皮下脂肪が分解されて血液中に脂肪酸が放出されているので、体脂肪を減らしたいのであれば空腹は必要です。

大切なのは、
・耐えられないほどの空腹に襲われる前に、食事で対策をすること
・空腹になったときに、低カロリーなものや食物繊維の多いもので空腹を抑えること
・食欲を増すものを避けること

具体的な対策方法は、
・食事でタンパク質の割合を増やしてみる
・プロテインなどの液体食ではなく固形食にする
・食前に野菜から食べる、また、野菜の量を増やしてみる
・カロリーのない水で胃を刺激する


そして、避けるべきはジャンクフードや加工品などのハイカロリーなものとアルコールです。
これらはドーパミンにより『また欲しい』となりやすく、ダイエットの妨げになります。
ダイエットに成功して『減らす』から『維持する』という方向になれば、たまに食べる飲むのは良いですが、体脂肪を減らしたいという時期は避けるべきと言えます。


今回は空腹や食欲の対策という内容でしたが、もちろん3大栄養素のバランスやタイミングなどは基本的なことです。

自分に適した量が分からない、何を食べて良いかわからない、といった方は、是非ご連絡ください。

当ジムでは健康的に痩せていただくために、またはリバウンドしないために、炭水化物を食べながら痩せることをオススメしています。
糖質を抜きすぎると、筋肉が落ちたり骨が脆くなったり、さらには精神的な疲労でトレーニングも断念しかねません。

低栄養ではなく、高栄養で体の機能を高めながらダイエットすることをオススメします。



パーソナルトレーニングスタジオ ステラ
星島佑紀
info@pts-stella.jp
08019263071